ヒアルロン酸やコラーゲンをとると、皮膚の新陳代謝が良くなる

coffee-curly-hair-drinking-red-redheads-2820047-1280x1024

ヒアルロン酸やコラーゲンをとると、皮膚の新陳代謝が良くなることは、実験でも証明されました。

実験は、エサで与えるタンパク質の量を通常の20%から11%に落として、人工的に老化を早めた疑似老化モデルラットを使い、それを二つのグループに分けて比較しました。

一方には5%の非コラーゲンタンパク質を与え、もう一方には5%のコラーゲンを与えて飼育しました。

コラーゲンを与えたラットのほうが、皮膚のはがれ落ちる速度(新陳代謝の状態)が速いことが確認されました。

このような実験方法で、皮膚のはがれ落ちる速度を比較しました。皮脂がはがれ落ちる速度が速ければ、それだけ皮膚の新陳代謝が盛んだという証明になります。

皮膚には、常に無数の傷ができます。

この傷の修復が遅れると、お肌のスベスベしたなめらかさが失われてきます。

ヒアルロン酸やコラーゲンを積極的に飲み、食べて、コラーゲンをつくる材料を十分に補給していると、皮脂にできた傷の回復も早まります。

管理人

>>>ヒアルロン酸.jp.netはこちら

コラーゲンの老化がまねくシミやソバカス

coffee-curly-hair-drinking-red-redheads-2820047-1280x1024

これまでに皮膚の構造をご紹介しました。

いちばん上の表皮は薄いもので、皮膚の主役は真皮ですが、表皮をくわしく見ますと、表皮の下の層で、真皮との境目にあるのが基底層です。

この基底層は、皮膚を新しくっくりかえる細胞の生産工場です。

基底層でつくられた新しい皮脂の細胞は、皮庸の表面にむかつて順々に押し上げられていきます。

そして、いちばん外側まで押し上げられ、最後は角質層となり、やがて表皮からはがれ落ちていきます。

はがれ落ちた細胞がアカやフケとなって剥離していきます。

若い頃にアカやフケに悩まされた経験をお持ちではないですか。

新陳代謝の活発な若い頃は、基底層で新しい皮脂の細胞がどんどんつくられるからです。

皮脂にシミやソパカスができても、皮府の表面の細胞がどんどんつくられ、新陳代謝されるので、沈着するヒマがありません。

ところが、細胞をつくる速度が衰えると、シミやソパカスは、いつまでも皮膚の表面に居座り、ついには広がるものになってきます。

基底層を支える役割を果たしているのは真皮です。真皮のコラーゲンの状態が、新しく細胞をつくる基底層の働きを左右します。

食事でヒアルロン酸やコラーゲンを積極的にとって、真皮で新しくコラーゲンがつくられる材料を十分に供給したいものです。

管理人

>>>ヒアルロン酸.jp.netはこちら

ヒアルロン酸やコラーゲンで皮膚の保水能力が増すことを証明

coffee-curly-hair-drinking-red-redheads-2820047-1280x1024

ヒアルロン酸やコラーゲンを飲む・食べることで、皮膚の水分を保つ能力が増すことを証明した実験をご紹介しましょう。

イタリアのアルビノ大学で、30~40歳の女性ボランティア30名を使って行われた実験です。

ボランティアを二つのグループに分けて、片方のグループに、一日2グラムのヒアルロン酸とコラーゲンを加えた食事をしてもらいました。

もう一方のグループには、ヒアルロン酸やコラーゲンを加えない食事をしてもらい、約60日間の追跡をしたのです。

そしてインピーダンスメーター法(皮膚の電気伝導の能力により皮膚の水分を含む量を計算する方法)で、水分を保つ能力をみてみました。

その結果、皮膚の水分を保つ能力は、ヒアルロン酸やコラーゲンをとったグループのほうが優れていました。

ヒアルロン酸やコラーゲンを積極的に飲む・食べることを実行して、潤いと艶のある肌でいつまでもいたいものです。

また、真皮のヒアルロン酸やコラーゲンの新陳代謝が衰えると、ヒアルロン酸やコラーゲンが失われる(分解) 量が、新しくつくられる(合成) 量を上回るようになってきます。

家計をみても収入が少なくて、出費が多い・赤字の状態では、なにかを切り詰めなければやっていけません。

皮膚は、その切り詰めをシワというかたちで行います。真皮の赤字のシワ寄せが皮膚の細胞の萎縮をまねき、シワをつくるのです。

でも、ヒアルロン酸やコラーゲンを積極的に飲む・食べることを実行すれば、若さを保つことができます。

管理人

>>>ヒアルロン酸.jp.netはこちら

コラーゲンの老化がまねく皮膚のシワやカサカサ

coffee-curly-hair-drinking-red-redheads-2820047-1280x1024

いつまでもみずみずしい肌でいたいものです。肌がカサつくのは嫌ですね。

皮膚は、いちばん外側から表皮、真皮、皮下組織(皮下脂肪)から成り立っています。

ふだん、私たちが目にするのは表皮の部分です。表皮は表面だけの薄いものです。皮膚の本体は、真皮の部分です。

真皮の主役はコラーゲンとヒアルロン酸です。

この中のコラーゲンの新陳代謝が衰えるとコラーゲンの架橋が増えてきます。

増えた架橋で水分を保つ場所が狭められてきます。

その結果、ヒアルロン酸の保湿効果が衰えてカサカサの皮膚になるのです。

皮膚の老化とコラーゲンの老化は密接な関係にあります。

真皮は20歳を境にして、年をとるとともに薄くなります。

老年期には、20歳のときの80%も薄くなります。

しかし、コラーゲンやヒアルロン酸を補給して新陳代謝を活発にすると、この減少をゆるやかにすることができます。

ゆっくりではありますが、回復も期待できるようです。

その結果、架橋が少なくなり、水分を溜め込む能力も衰えず、みずみずしく張りのあると肌がだんだんと戻るようになります。

管理人

>>>ヒアルロン酸.jp.netはこちら

コラーゲンの老化、「架橋」の謎を解く

coffee-curly-hair-drinking-red-redheads-2820047-1280x1024

ヒアルロン酸やコラーゲンの衰えは、全身のいろいろな場所で老化を促進させます。

コラーゲンの衰えをまねくのは、コラーゲンの新陳代謝の衰えです。

コラーゲンは、非コラーゲンタンパク質に比べて、新陳代謝の回転はもともとゆっくりです。代謝の回転がのんびり屋のコラーゲンは、コラーゲン合成の衰えにより、さらに回転をゆっくりとさせてしまうのです。

疲れたコラーゲンは、いろいろな悪さをする化学反応をはねつける力が失われてきます。その結果、疲れた同士が腕を組み体を寄せ合うように、コラーゲン同士が不自然なかたちの橋を架け合った状態がつくられます。

コラーゲンは、もともと自然なかたちの架橋をつくる性質があります。

皮膚を例にとってみましょう。みずみずしい肌をつくるカギを握っているのは、皮膚の真皮に保たれている水分です。真皮のコラーゲンは、お互い同士が互いに橋を架け合って結びつき、線維を張り巡らします。この線維と線維のあいだに、ヒアルロン酸などと一緒にたっぷりと水分を抱え込むのです。

コラーゲンが橋を架け合う性質を持っているからこそ、潤いのある肌になるのです。

このような自然なかたちの架橋は、コラーゲンの働きに欠かせないものです。

新陳代謝が衰えると、古いくたびれたコラーゲンが居座るようになります。この古いコラーゲンは、本来の架橋とは異なった、別の不自然な架橋を増やしていきます。

この架橋は、これまでとは異なる性質の橋で、新陳代謝の力で除きにくいものとなります。こんなタイプの橋が多くなると、水分の居場所がなくなり追い出されてしまいます。

そうなると、真皮の水分はどんどん失われ、また、柔軟性も失われ肌がカサカサしてきます。 コラーゲンがもともと持っている性質からできた架橋と区別するために、これを老化架橋という言い方をしています。

コラーゲンの新陳代謝が衰えると、架橋は全身のいたるところで起こります。その結果、血管の壁の柔軟性も失われ動脈硬化を起こします。

関節の動きが滑らかでなくなり、こわばった動きとなります。皮膚は。みずみずしさを失うとともに、シミができやすくなります。

コラーゲンの衰えは、不自然な形での架橋という厄介なものをつくることで、コラーゲンの柔軟性や弾力性が失われ、これが引き金となって老化現象を進行させます。

でも、不自然な架橋の害は、コラーゲンの新陳代謝をいつまでも活発に保つことで、食い止めることができます。

それには、コラーゲンをつくる材料のアミノ酸の補給を十分にしなければなりません。

コラーゲンの新陳代謝の速度を活発にすれば、架橋している暇を与えません。

あの人、いつまでも若々しい肌をしてるわね、とウワサされる人は、きっと、コラーゲンを飲む・食べることを心がけて、コラーゲンの新陳代謝の速度を活発にしているのです。

管理人

>>>ヒアルロン酸.jp.netはこちら