コラーゲンとヒアルロン酸の食べ方を間違えてきた食習慣の歴史

coffee-curly-hair-drinking-red-redheads-2820047-1280x1024

ところで、タンパク質を食べようというとき、私たちは非コラーゲンタンパク質を思い浮かべます。コラーゲンやヒアルロン酸をすぐには思い浮かべません。

これは、間違った食べ方をしてきた食習慣の歴史ということです。

昔の人たちが狩りをして獲物を倒した場面を想像してみましよう。獲物はイノシシにしましょうか。もうすこしおいしいものがいいですか。

いずれにしても、獲物の皮をはぎ、腹をひらき、内臓・血管を取り除き、骨から肉(筋肉)を削りとって食べてきました。

獲物の分配のときに、まずどんなことを考えるでしょうか。

いまの私たちが食卓にならんだ料理を食べるときにも共通する心理かもしれません。

まず、おいしいところから食べますね。

なかには、いちばんおいしいところを最後の楽しみに残す、という人もいるかもしれませんが。

次いで、やわらかいところ、手に入れやすいところ、などでしょう。

そして、捨てるところといえば、硬くて、食べにくくて、まずくてとりにくいところです。

それは、骨や軟骨、腱、皮などです。また、あまりおいしくない、ということで内臓も捨てられることになるのではないでしょうか。

調理方法が発達していなかった時代にあってはなおさらのことでした。

ところが、これらの軽く無視してしまった骨、軟骨、腱、内臓、皮などの部分にこそコラーゲンやヒアルロン酸が豊寓に舎まれているのです。

いまでも、これらの部分は捨てられていることが多い部分ですね。

昔から、人類はコラーゲンやヒアルロン酸の豊富な場所を捨ててきたといっても過言ではないのです。

このことは、食習慣の問違いだといっても仕方がないかもしれません。

骨も皮も内臓(肝臓は別としても)も硬くて食べられなかったわけですから。

調理方法が発達しても、このような食べ方は続いています。

時間をかけて煮たり蒸したりすれば、食べることが可能であっても、やはり面倒なので、皮、骨、腱、内臓などは敬遠されました。

硬くて歯がたたず、おいしくないからです。

また、調理に手間隙がかかったからです。

肉や魚肉の食べやすいところは、非コラーゲンタンパク質が主役で、主として筋肉の部分です。

少量のコラーゲンやヒアルロン酸が筋肉の膜に存在しますが、筋肉だけを食べていたのでは、コラーゲンやヒアルロン酸が不足するのです。

管理人