コラーゲンの老化がまねくシミやソバカス

coffee-curly-hair-drinking-red-redheads-2820047-1280x1024

これまでに皮膚の構造をご紹介しました。

いちばん上の表皮は薄いもので、皮膚の主役は真皮ですが、表皮をくわしく見ますと、表皮の下の層で、真皮との境目にあるのが基底層です。

この基底層は、皮膚を新しくっくりかえる細胞の生産工場です。

基底層でつくられた新しい皮脂の細胞は、皮庸の表面にむかつて順々に押し上げられていきます。

そして、いちばん外側まで押し上げられ、最後は角質層となり、やがて表皮からはがれ落ちていきます。

はがれ落ちた細胞がアカやフケとなって剥離していきます。

若い頃にアカやフケに悩まされた経験をお持ちではないですか。

新陳代謝の活発な若い頃は、基底層で新しい皮脂の細胞がどんどんつくられるからです。

皮脂にシミやソパカスができても、皮府の表面の細胞がどんどんつくられ、新陳代謝されるので、沈着するヒマがありません。

ところが、細胞をつくる速度が衰えると、シミやソパカスは、いつまでも皮膚の表面に居座り、ついには広がるものになってきます。

基底層を支える役割を果たしているのは真皮です。真皮のコラーゲンの状態が、新しく細胞をつくる基底層の働きを左右します。

食事でヒアルロン酸やコラーゲンを積極的にとって、真皮で新しくコラーゲンがつくられる材料を十分に供給したいものです。

管理人

>>>ヒアルロン酸.jp.netはこちら