コラーゲンの老化がまねく皮膚のシワやカサカサ

coffee-curly-hair-drinking-red-redheads-2820047-1280x1024

いつまでもみずみずしい肌でいたいものです。肌がカサつくのは嫌ですね。

皮膚は、いちばん外側から表皮、真皮、皮下組織(皮下脂肪)から成り立っています。

ふだん、私たちが目にするのは表皮の部分です。表皮は表面だけの薄いものです。皮膚の本体は、真皮の部分です。

真皮の主役はコラーゲンとヒアルロン酸です。

この中のコラーゲンの新陳代謝が衰えるとコラーゲンの架橋が増えてきます。

増えた架橋で水分を保つ場所が狭められてきます。

その結果、ヒアルロン酸の保湿効果が衰えてカサカサの皮膚になるのです。

皮膚の老化とコラーゲンの老化は密接な関係にあります。

真皮は20歳を境にして、年をとるとともに薄くなります。

老年期には、20歳のときの80%も薄くなります。

しかし、コラーゲンやヒアルロン酸を補給して新陳代謝を活発にすると、この減少をゆるやかにすることができます。

ゆっくりではありますが、回復も期待できるようです。

その結果、架橋が少なくなり、水分を溜め込む能力も衰えず、みずみずしく張りのあると肌がだんだんと戻るようになります。

管理人

>>>ヒアルロン酸.jp.netはこちら