コラーゲンは線維のかたちをしている

coffee-curly-hair-drinking-red-redheads-2820047-1280x1024

ここで、ちょっと知っておくと物知りになるコラーゲンの豆知識をご紹介しましょう。

コラーゲンには、現在19種類のものが知られています。でも、1969年までは1種類(I型コラーゲンといわれています)しかないものと思われていました。

その後、研究が進むとともに、たくさんの種類があることがわかってきました。

コラーゲンの種類の中で圧倒的に多いのは、一番最初に発兄されたI型コラーゲンです。

コラーゲン全体の80~90%を占めています。

そこで、コラーゲンの中の第一人者とも言えるI型コラーゲンに代表させて、コラーゲンの説明をすることが多いのです。

さて、ここでちょっと、電子顕微鏡を覗いてみることにしましょう。いまはやりのバーチャルリアリテイ(仮想現実空間)風にご案内することにしましょう。

あなたの前に、電子顕微鏡があります。レンズを通して、見てください。

線維のかたちをしたコラーゲンが見えますね。もっと倍率を上げてみましよう。なにやらヒモのような線維が見えます。

じつは、これがコラーゲンをかたちづくる細線維(フイブリルという名前がついています)と呼ばれるものです。

コラーゲンの細線維は縞模様を持っています。この縞模様さえあればコラーゲンだ、と言われるくらい特徴的なものです。

この世に存在する物質を、それ以上は分解できないものにした最小単位は原子と呼ばれます。

ところで、テニスが好きな一人ひとりが集まると、「テニス好き」というグループ名がつけられます。

原子が集まると、このようにある特徴を持った最小単位の分子というものになります。

専門的には、その化学的な性質を失わない最小の物質です。ある特定の性格を持った原子の集まり、と理解しておきましよう。

管理人