タンパク質は、体をつくる一番大切な材料

coffee-curly-hair-drinking-red-redheads-2820047-1280x1024

私たちの体を構成する成分でいちばん多いのは、70%を占める水です。

水に次いで多いのがタンパク質です。タンパク質は、水を除いた体の成分の約70%を占めています。

タンパク質は、英語でプロテインといいます。プロテインは、プロテウス(第一のもの)という意味があり、生命(細胞)にとって、いちばん大切なものであることを表しています。

元気に健康な毎日を送るために、そして、いつまでも美しく若々しい人生をエンジョイするためにも、タンパク質を十分に補給する必要があるのです。

補給されたタンパク質を材料にして、体内のタンパク質は、次々と新しいタンパク質に入れ替わります。

古いタンパク質は分解され、それに替わる新しいタンパク質がつくられます。これが、新陳代謝と呼ばれるものです。

新陳代謝がなければ、私たちの体は急迫に老化してしまいます。

早老症と呼ばれる、幼児の時代から老化が始まる病気(ウェルナー症候群とも呼ばれるものなど)があります。この病気のしくみの大きな要素に、タンパク質の新陳代謝の低下が関係することがわかっています。

新陳代謝(分化)とは、占いタンパク質が分解され、新しいタンパク質に入れ替わることです。

それでは、タンパク質は、私たちの体のどこで分解され、どこで新しくつくられるのでしょうか。

その仕事を担うのは、私たちの体の細胞の中です。細胞の中の大切な働きの一つは、タンパク質を新しくつくることです。

管理人