ヒアルロン酸やコラーゲンで皮膚の保水能力が増すことを証明

coffee-curly-hair-drinking-red-redheads-2820047-1280x1024

ヒアルロン酸やコラーゲンを飲む・食べることで、皮膚の水分を保つ能力が増すことを証明した実験をご紹介しましょう。

イタリアのアルビノ大学で、30~40歳の女性ボランティア30名を使って行われた実験です。

ボランティアを二つのグループに分けて、片方のグループに、一日2グラムのヒアルロン酸とコラーゲンを加えた食事をしてもらいました。

もう一方のグループには、ヒアルロン酸やコラーゲンを加えない食事をしてもらい、約60日間の追跡をしたのです。

そしてインピーダンスメーター法(皮膚の電気伝導の能力により皮膚の水分を含む量を計算する方法)で、水分を保つ能力をみてみました。

その結果、皮膚の水分を保つ能力は、ヒアルロン酸やコラーゲンをとったグループのほうが優れていました。

ヒアルロン酸やコラーゲンを積極的に飲む・食べることを実行して、潤いと艶のある肌でいつまでもいたいものです。

また、真皮のヒアルロン酸やコラーゲンの新陳代謝が衰えると、ヒアルロン酸やコラーゲンが失われる(分解) 量が、新しくつくられる(合成) 量を上回るようになってきます。

家計をみても収入が少なくて、出費が多い・赤字の状態では、なにかを切り詰めなければやっていけません。

皮膚は、その切り詰めをシワというかたちで行います。真皮の赤字のシワ寄せが皮膚の細胞の萎縮をまねき、シワをつくるのです。

でも、ヒアルロン酸やコラーゲンを積極的に飲む・食べることを実行すれば、若さを保つことができます。

管理人

>>>ヒアルロン酸.jp.netはこちら