細胞の新陳代謝を左右する大切なヒアルロン酸とコラーゲン

coffee-curly-hair-drinking-red-redheads-2820047-1280x1024

コラーゲンとヒアルロン酸の大切な働きを説明するのに、もう一つのたとえ話をご紹介しておきたいと思います。

ことの順番として、まず、細胞に酸素や栄養素が配給されるしくみについての知識をご紹介しておきましよう。

栄養素を例にとりましよう。

腸から吸収された栄養素は、血管を通っていったん肝臓に運ばれます。肝臓から心臓に運ばれ、血液に乗って全身に配給されます。

高速道路は都市の大動脈とよく言われます。道路事情に似て、血管も大動脈からだんだん細く枝分かれします。そして、全身に張り巡らされた毛細血管へと網の目のような状態になっていきます。

さて、問題は毛細血管から先の話です。

細胞は、血管により酸素や栄養素などの配給を受けます。それでは、毛細血管が一つひとつの細胞に直接に通じているのでしようか。

そうではありません。毛細血管は、それぞれの細胞に枝分かれした状態で通じてはいません。

それでは、酸素や栄養素は、どのようにして細胞に運ばれるのでしょうか。

酸素や栄養素は、毛細血管の壁から、細胞と細胞の問(ヒアルロン酸やコラーゲン層)に染み出してくるのです。

そして、細胞に酸素や栄養素がたどり着くと、細胞膜を通過して細胞の中へと入り込みます。

また、細胞膜から出された細胞活動のゴミ(老廃物)は、細胞と細胞の間(ヒアルロン酸やコラーゲン層)を経由して毛細血管にたどり着きます。

そして、血管壁を通って血管の中に入り、大静脈へと送り出されます。

このように細胞はヒアルロン酸や細胞間物質(コラーゲン)に取り囲まれています。細胞を一つの島に例えますと、島を取り囲んでいるのがヒアルロン酸とコラーゲンの海です。

細胞という島がコラーゲンの海に浮かんでいる風景を想像してください。

このことは毛細血管と細胞との間のヒアルロン酸とコラーゲンの大切さを教えてくれます。

海が海上封鎖されて、外から島に物質が入らなくなれば、島に住む人々はお手土げとなります。

こうなると、タンパク質を合成する原料が滞ります。その結果として、細胞のタッパク質の新陳代謝もうまくいかなくなり、体の中に古いタンパク質が溜まるようになります。

こうして、タンパク質の新陳代謝が滞り、細胞が古くなることを老化と呼ぶのです。

さきほど述べた細胞と細胞の間の働きを、最近は、細胞マトリックスという呼び方をしています。細胞マトリックスの主役はコラーゲンとヒアルロン酸です。

管理人