細胞の集まるところにコラーゲンが登場

coffee-curly-hair-drinking-red-redheads-2820047-1280x1024

さて、細胞の集まるところにはコラーゲンが主役として登場します。

とりわけ結合組織がたくさん集まっている皮膚、骨、軟骨、腱、血管の壁、歯などには、コラーゲンがたくさんあります。

皮膚は、いちばん外側から表皮、真皮、皮下組織(皮下脂肪)の三つの層からなっています。

いつも目にする皮膚といえば表皮の部分ですが、表皮は薄いものです。

本当の皮膚と言ってよいのは、その下の真皮の部分です。

真皮の成分の7割はコラーゲンです。

次に、骨をみてみましよう。骨は骨格・骨組みという言葉があるように、私たちの体の構造をつくる大切な働きをしています。

弱い骨は体の構造をいびつにして、痛みを生じたり、行動の障害をもたらすことになります。

一般に骨を丈夫にするには、カルシウムとリンが大切ですが、骨は強さだけを求められているのではありません。

本当に丈夫な骨というのは、硬いだけでなく、柔軟性も持っていなければなりません。

丈夫でしなやかな骨をつくるためには、カルシウムやリンとともに、コラーゲンの新陳代謝を活発にして、柔軟で若々しくしなやかなコラーゲンが必要となります。

そのためには、コラーゲンの補給が欠かせません。

骨と骨とが接する関節は、柔らかい軟骨という骨で覆われています。関節は、ひざ、ひじ、肩、股関節など、私たちの体の動きに欠かせない働きをする要の場所にあります。

軟骨はこれらの関節で、骨と骨とが直接ぶつかる衝撃を和らげるクッション役を果たしています。

軟骨の約5割はコラーゲンで構成されています。

骨と筋肉を結びつける腱には、コラーゲンがたくさん含まれています。アキレス腱はコラーゲンそのものです。

管理人

>>>ヒアルロン酸.jp.netはこちら