老化はコラーゲンの衰えから

coffee-curly-hair-drinking-red-redheads-2820047-1280x1024

さて、私たちはなぜ老いるのでしょう?

私たちは生まれてから、時の歩みを生きることになります。

矢沢永吉が「時間よ止まれ」というバラードを歌って人気を博しました。でも、現実の時間は止まってくれませんよね。

赤ちゃんから幼児、そして子供時代、思春期、そして大人へと歩みを続けてきた私たちは、時の歩みとともに成長してきました。

そして、やがては、年をとっていきます。

でも、こんな印象を持たれることはありませんか。40歳を過ぎる頃から、人によって、年より老けて見えたり、若く見えたり。ずいぶんと感じる若さが違います。同じ60代でも、若々しくて50代前半にしか見えない人もいますし、70代に見える人もいます。

この差は、どこから生まれるのでしょうか。

結論を急ぐ前に、年をとるということについて、考えてみましょう。

老化とはどういうことかと問われたとき、私たちは体の変化をあげることが多いですね。肌がカサカサになる。顔にシワやシミができる。髪が薄くなってくる、白くなる。歯が衰える、背中や腰が曲がる。歩き方がヨボヨボしてくる。

このような老化現象はなぜ起こるのでしょうか。

それは、基本的にはタンパク質の新陳代謝の衰えがまねくものなのです。

タンパク質の新陳代謝が衰えると、細胞のタンパク質をつくる力が衰えます。タンパク質が新しくつくられないので、そのまま古いタンパク質は残らざるをえなくなります。

もう交替してくれるかな、と期待しても新顔はきてくれない。あ~あ、疲れてしまったと、タンパク質がため息をつくようになっては大変です。

疲れたタンパク質を分解して新しくつくり替える新陳代謝の速度が遅くなると、古くて衰えたタンパク質が、細胞の中や細胞マトリックスに多く居座るようになります。

皮膚がこんな状態になれば、カサカサしてきて、シミやクスミができます。髪も抜け白髪になります。

新陳代謝の回転がますます遅くなって、疲れて傷だらけのタンパク質が多くなってくると、細胞もこれを異物だと思うようになり、新しくつくってくれるアテもないのに分解を始めるようになります。

そうなると大変です、タンパク質の量が少なくなって、細胞が萎縮をし始めます。これがシワです。

外から見える皮膚や髪の変化だけでなく、内臓や骨や血管も同様に老化します。ときには、その変化が急で、若くしてとり返しのつかない事態をまねくこともあります。

管理人

>>>ヒアルロン酸.jp.netはこちら