間違っていた現代栄養学の常識

coffee-curly-hair-drinking-red-redheads-2820047-1280x1024

これまでの栄養学の常識は間違っていました。

非コラーゲンタンパク質の補給ばかりを強調して、コラーゲンやそれをサポートするヒアルロン酸の補給をないがしろにしてきました。

つい最近まで、コラーゲンは価値の低いタンパク質だという間違った考えがありました。そのことがコラーゲンの補給をないがしろにすることにつながりました。

間違った考え方がぱびこった大きな理由は、動物実験にありました。動物のエサのタンパク質源をコラーゲンだけにすると、生きていけなくなるからです。

食べても生きていけないタンパク質だから、劣った栄養として価値の低いものだと短絡的に考えてしまったのです。

それが大きな間違いのもとでした。

非コラーゲンタンパク質をエサとして与えると、動物は一見して順調に育ちます。この理由は、非コラーゲンタンパク質の一部からもコラーゲンをつくることができるからで
す。そのため、コラーゲン不要説がぱびこる結果になりました。

非コラーゲンタンパク質は、消化・分解・吸収の旅路を経て、アミノ酸になります。アミノ酸が組み合わされて私たちの非コラーゲンタンパク質がつくられます。

また、その一部はコラーゲンやヒアルロン酸にも変換されます。

しかし、私たちの体のコラーゲンを補うには、一部が変換された量だけでは十分とは言えないことを、動物実験で世界で初めて証明されたのです。

コラーゲンを食べるのが、私たちの体のコラーゲンをつくるのに最も効率が良いのです。

いままで利用方法がわからなかったり、調理の工大が足りなかったりして、利用されてこなかったのです。

今後はコラーゲン料理の素晴らしさを毎日の食卓に反映させたいものです。

管理人