高齢化社会に高まるコラーゲンヘの期待

coffee-curly-hair-drinking-red-redheads-2820047-1280x1024

ヒアルロン酸とコラーゲンを飲む・食べる大切さは、高齢化社会を迎えて、ますます高まることと思います。

寝たきりの方は、力の刺激を受けないので全身のヒアルロン酸とコラーゲンの新陳代謝が低下します。

背中のヒアルロン酸とコラーゲンの新陳代謝の低下から、分解されるヒアルロン酸とコラーゲンが多くなり、新しくつくられるものが追いつかない状態になると、皮膚の機能が衰えてきて、ひどい場合は破れ
て骨まで露出する深刻な事態となります。

これが床づれと呼ばれるものです。

この床づれの予防とケアにヒアルロン酸とコラーゲンの補給は欠かせません。

力の刺激がないときには、ヒアルロン酸とコラーゲンの補給を多くして、新陳代謝を高める必要があるからです。

食べ物を飲み込むことができない嚥下障害の方も深刻です。

1年以上も鼻から入れたチューブで栄養をとる経管栄養を続けていた方の例も報告されていますが、ご本人が「口から食べたい」という希望を出されるのは当然です。

嚥下障害の患者さんには、姿勢の工夫や呼吸法、飲み込む筋肉を強くする訓練などが行われますが、なかなか改善されない例も多いそうです。

このような方にも、ヒアルロン酸とコラーゲンを積極的に与えて、全身のヒアルロン酸とコラーゲンの新陳代謝をはかれば、全身状態の改善とともに、嚥下能力も増します。

嚥下リハビリテーションに、ヒアルロン酸とコラーゲン補給の大切さをぜひ加えてほしいものです。

現在、床づれや嚥下障害は、多くの老人ホームや病院で手におえない深刻な問題となっています。

飲む・食べるヒアルロン酸とコラーゲンは、この問題の解決に大きな貢献が期待できます。

ぜひとも、お役にまてていただけることを、老人ホームや病院の担当者の方々にご提案いたします。

管理人