コラーゲン・ヒアルロン酸食事革命

coffee-curly-hair-drinking-red-redheads-2820047-1280x1024

細胞と細胞マトリックスを若く保つことは、いつまでも健康で元気な人生を楽しめることにつながります。

細胞マトリックスの主役であるコラーゲンやヒアルロン酸の新陳代謝を促すために、コラーゲンやヒアルロン酸の補給が必要です。

これを証明した私の動物実験をご紹介しましよう。

人も含めて一般に動物は、年をとるとともに新陳代謝が低下してきます。この新陳代謝とは、タンパク質の新陳代謝を意味します。

新陳代謝が活発になる若返りの実験をするにあたっては、自然に老化した動物を使って実験をするのが理想なのです。しかし、動物にも老化の進み方に個体差があって、老化の進み具食がいろいろ異なります。実験動物の老化の程度にバラツキがあると、正確な比較データが得られません。

そこで、比較的老化の進み方にバラツキがない若い動物を使い、食事として与えるタンパク質の量を少なくして、老化した動物と同じ程度に新陳代謝を低下させた一群の動物をつくりました。

エサに混ぜるタンパク質の量を、ふだんの量の20%から6%に落とすと、タンパク質不足により新陳代謝が低下し、老化が進んだのと同じ状態になります。このように、人工的にわざとタンパク質を少なく与えて新陳代謝を遅らせて老化させた動物を疑似老化モデルラットと呼ぶことにします。

この疑似老化モデルラットを二つの群に分けました。一つの群には5%の非コラーゲン・非ヒアルロン酸タンパク質を与え、もう一方の群には5%のコラーゲン・ヒアルロン酸を与えて、1週間飼育しました。

そして、コラーゲンやヒアルロン酸をつくる能力を比較してみました。

その結果、コラーゲンやヒアルロン酸を与えたラットのほうが、非コラーゲン・非ヒアルロン酸タンパク質を与えたラッ卜よりも、コラーゲンづくりが2.5倍も進むことがわかったのです。

この実験が教えてくれたことは、コラーゲン・ヒアルロン酸をつくるためには、コラーゲン・ヒアルロン酸を食べることがとても大切だ、ということでした。

食事を通してコラーゲン・ヒアルロン酸の補給を十分に行い、細胞と細胞マトリックスの新陳代謝を促進したいものです。そして、いつまでも若さと健康を保ち、元気に毎日を過ごしたいものです。

コラーゲン・ヒアルロン酸の大切さに目覚め、コラーゲン・ヒアルロン酸を積極的に食べる、食事の革命がいまこそ必要だと思います。

また、根強く残っているコラーゲンやヒアルロン酸についての誤解や偏見を正していく必要があると思います。

太古の昔から、コラーゲンやヒアルロン酸をとる習慣が乏しかった人類の食生活に革命を起こす必要があると思います。

数々の研究の結果が、食生活の革命の大切さを浮き彫りにしました。それは、大きな発見でした。

非コラーゲン・非ヒアルロン酸タンパク質とコラーゲン・ヒアルロン酸とでは、アミノ酸の構成が大きく違います。

新陳代謝が遅くなると細胞をとりまく細胞マトリックスの機能が衰え、細胞が生きていく環境が悪くなってきます。そして、細胞白身の新陳代謝も衰えて老化への道が加速されます。弱り目にたたり目の悪循環となってしまうのです。

若いときには、全身の新陳代謝が活発なので、このような悪循環も、その影響はまだ深刻ではありません。それ以後の世代では、細胞をとりまく環境の悪循環は重荷となってきます。

この悪循環を断ち切るために、コラーゲンやヒアルロン酸を積極的にとることが重要です。

理論上では、不足するアミノ酸を非コラーゲン・非ヒアルロン酸のタンパク質から調達することは可能です。しかし、このことがどんなに負担となるのかについては、西洋科学の華やかな成果に目がくらんで、大変に残念なことですが、これまですっかり無視されてしまっていたのです。

管理人

間違っていた現代栄養学の常識

coffee-curly-hair-drinking-red-redheads-2820047-1280x1024

これまでの栄養学の常識は間違っていました。

非コラーゲンタンパク質の補給ばかりを強調して、コラーゲンやそれをサポートするヒアルロン酸の補給をないがしろにしてきました。

つい最近まで、コラーゲンは価値の低いタンパク質だという間違った考えがありました。そのことがコラーゲンの補給をないがしろにすることにつながりました。

間違った考え方がぱびこった大きな理由は、動物実験にありました。動物のエサのタンパク質源をコラーゲンだけにすると、生きていけなくなるからです。

食べても生きていけないタンパク質だから、劣った栄養として価値の低いものだと短絡的に考えてしまったのです。

それが大きな間違いのもとでした。

非コラーゲンタンパク質をエサとして与えると、動物は一見して順調に育ちます。この理由は、非コラーゲンタンパク質の一部からもコラーゲンをつくることができるからで
す。そのため、コラーゲン不要説がぱびこる結果になりました。

非コラーゲンタンパク質は、消化・分解・吸収の旅路を経て、アミノ酸になります。アミノ酸が組み合わされて私たちの非コラーゲンタンパク質がつくられます。

また、その一部はコラーゲンやヒアルロン酸にも変換されます。

しかし、私たちの体のコラーゲンを補うには、一部が変換された量だけでは十分とは言えないことを、動物実験で世界で初めて証明されたのです。

コラーゲンを食べるのが、私たちの体のコラーゲンをつくるのに最も効率が良いのです。

いままで利用方法がわからなかったり、調理の工大が足りなかったりして、利用されてこなかったのです。

今後はコラーゲン料理の素晴らしさを毎日の食卓に反映させたいものです。

管理人

コラーゲンとヒアルロン酸の食べ方を間違えてきた食習慣の歴史

coffee-curly-hair-drinking-red-redheads-2820047-1280x1024

ところで、タンパク質を食べようというとき、私たちは非コラーゲンタンパク質を思い浮かべます。コラーゲンやヒアルロン酸をすぐには思い浮かべません。

これは、間違った食べ方をしてきた食習慣の歴史ということです。

昔の人たちが狩りをして獲物を倒した場面を想像してみましよう。獲物はイノシシにしましょうか。もうすこしおいしいものがいいですか。

いずれにしても、獲物の皮をはぎ、腹をひらき、内臓・血管を取り除き、骨から肉(筋肉)を削りとって食べてきました。

獲物の分配のときに、まずどんなことを考えるでしょうか。

いまの私たちが食卓にならんだ料理を食べるときにも共通する心理かもしれません。

まず、おいしいところから食べますね。

なかには、いちばんおいしいところを最後の楽しみに残す、という人もいるかもしれませんが。

次いで、やわらかいところ、手に入れやすいところ、などでしょう。

そして、捨てるところといえば、硬くて、食べにくくて、まずくてとりにくいところです。

それは、骨や軟骨、腱、皮などです。また、あまりおいしくない、ということで内臓も捨てられることになるのではないでしょうか。

調理方法が発達していなかった時代にあってはなおさらのことでした。

ところが、これらの軽く無視してしまった骨、軟骨、腱、内臓、皮などの部分にこそコラーゲンやヒアルロン酸が豊寓に舎まれているのです。

いまでも、これらの部分は捨てられていることが多い部分ですね。

昔から、人類はコラーゲンやヒアルロン酸の豊富な場所を捨ててきたといっても過言ではないのです。

このことは、食習慣の問違いだといっても仕方がないかもしれません。

骨も皮も内臓(肝臓は別としても)も硬くて食べられなかったわけですから。

調理方法が発達しても、このような食べ方は続いています。

時間をかけて煮たり蒸したりすれば、食べることが可能であっても、やはり面倒なので、皮、骨、腱、内臓などは敬遠されました。

硬くて歯がたたず、おいしくないからです。

また、調理に手間隙がかかったからです。

肉や魚肉の食べやすいところは、非コラーゲンタンパク質が主役で、主として筋肉の部分です。

少量のコラーゲンやヒアルロン酸が筋肉の膜に存在しますが、筋肉だけを食べていたのでは、コラーゲンやヒアルロン酸が不足するのです。

管理人